FC2ブログ

黒帯

2年前に公開された映画と同じタイトル、このフレーズに重みを感じるのは当然ですよね。以前にも黒帯の重さというタイトルでブログを書きましたよね。今回は黒帯パートⅡです。
空手の黒帯は、各会派によって審査方法も基準も様々です。短期間で取れるとこもあれば、厳しいとこもあるのも事実。先日、交流試合に参加してくれた誠心会においては、なんと10人組手も審査項目にあるみたいですよ。すごいですね。一般論では、黒帯とは修行者にとって自分のたどりついている位置を確認する手段であり、自分を錬磨するモチベーションを高めるものと言ってますが.........、少し寂しい気がしますね、それでは鍛錬とは?
「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす」という意味で、武道においては千日経ってもまだ初心、万日経ってやっと極めるものだと、宮本武蔵が継続的な努力・精進の大切さを説いた真髄の言葉です。長江も千日(約3年)が空手の入口かなと感銘してます、週1回の稽古だと千日に21年かかりますね、毎日稽古する大学の空手部でも3年はかかる、長江なんか38年(平均で週2回くらい)の歳月がたっても入口でまだ停滞してます、やっと基礎を覚え、発展途上の身、極めるなんて夢物語です。
黒帯が最終目標では寂しすぎる、魂は無限なものであると思います。つまり終わりが無いのが武道修行、だから、武道は素晴らしい、そんな光春館にしたいですね。鍛錬の「錬」と武道の「武」、錬武会の黒帯は重い。

コメント

金曜日一般部

昨日はワールドカップで寝不足なんだろうなと思いながら道場へ、滝のように流れる汗に喜びを感じるのがいいね。いつもの顔ぶれに安堵し稽古する空気、気合でコミュニーケーションしているのが最高だな。金曜日は、これからもっと厳しくレベルアップさせて行きますからヨロシク。

ありがとうございます。

心温かいコメントありがとうございます。
Nさんは、私にとって理想的な存在です。
押忍!これからも是非一緒にいい汗を流しましょう。
私もいつか将来、家族で光春館空手をやれるように男としての格も磨いていきたいと思っています。

昇段おめでとうございます

Yさん、昇段おめでとうございます。Nです。今後の鍛錬の道を考えると「おめでとうございます」は適切な言葉ではないかもしれませんが・・・。館長の黒帯に対するブログを読んだとき、高校生のときの自分を思い出しました。黒帯が認定されたとき、顧問の先生に「黒帯を認定するということは、この黒色が真っ白になるまで、鍛錬しろっていうことだからな」と教えられました。あれから二十二年間、体力維持のため、時間の許すがぎり軽く突き、蹴り、筋トレだけは、欠かさずやってきました。帯の色には、すっかり興味がなっかたのですが、ここへきて館長の志を読んだとき、再度入り口に立ってみようかなと。これからも練習相手に使ってください。

やっとスタートライン

一突き、一蹴りに磨きをかけ、技を磨き、心を磨いて下さい。
道には楽な道はない、厳しくイバラ道ばかり、
振り返るのもいい、休むのもいい、だが後戻りはだめだ、
苦しくても前を見て歩いて行こう。

気の充填所

生きるために食べるのと同様、いきいきと生きるために気を高めるのが道場の姿。
稽古をしないと萎んでしまうぐらい生活の一部になると本物ですよ。

No title

心引き締まるお言葉ありがとうございます。
吉田指導員のコメントにもまた熱い思いを引きだされました。
重い重い錬武会光春館の黒帯!
とにかく精進いたします。

黒帯になって

私は先日初段の昇段を充可され、本日の道場稽古にて長江館長より黒帯を頂きましたYと申します。
館長の仰る「黒帯の重み」。今日になって、凡夫の私にも少し解かるようになりました。

『ともに歩こう』
あたたかい言葉を胸に、私も真新しい黒帯を締め、鍛錬の道へ新たな一歩を踏み出します。
まずは良い指導員になれるように。
…更には極・達人の域へ少しでも近づけるように、若虎の如く野心淡々努力していきたいと思っています。
押忍!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)