FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回顧

3年前の交流試合を終えた頃、年内に25周年演武会を開催できるのか?と問いただしたが出来ないという回答をもらった、すごい危機感を覚えたことを今でも忘れない、鮮明に覚えている。演武会なんてできる現状でないことぐらい重重承知だが長江のGOサインで急遽開催することに決まった、25周年ができないようなら光春館には未来がないなと感じていたし、もう道場で指導することも二度とないと思っていたから今の環境が信じられない、立て直しの第一歩が昨年10月に基本を初期の頃にやっていた厳しい動きに戻した、最近ようやく厳しい雰囲気が少し道場に戻ってきたかな?そしてTORAの結成、やっと出血を止めれたかなという思いです。この3年間の空白、そして苦しい日々があったから今の健康に感謝の一言。
再来年の30周年には、是非復活したいという思いで精進します、「永遠にともに」をタイトルで行なった25周年、期待をこめて指導者の段位を特別昇段させたが功を成し遂げなかった、錬武会の段位は軽くない、安売りしたことを反省もしてます、地位が人を育てるという先行投資は軽率だったのかな、まだまだ苦悩は続く。

今一度読んで下さい、長江の挨拶文を!
光春館25周年演武会パンンフレット掲載文

コメント

No title

心配してくださってありがとう、かなり元気になりましたから今後の長江に注目していてください。

No title

館長が病気だなって全然知らなかったです、くれぐれも無理だけはしないで下さい

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。