スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰

スポ根アニメ全盛期だった昭和の時代には、今社会問題に発展している体罰は少なからず肯定されていた。努力と根性でひたむきにスポーツに取り組み、あらゆる艱難辛苦を乗り越えて選手としての能力向上への努力を続けるそのプロセスを美徳とし、試合結果の勝利以上に価値のあるものと位置づけ、これを主眼に描くストーリーがスポ根(スポーツ根性)、だから当時の子供たちは暴力的なしごきにも多少なり免疫があった。
今振り返ってみても部活は辛かったですね、先生にしごかれた経験はないが、先輩やOBのおもちゃかな、クラブハウスやトイレでの暴力沙汰なんか日常的で困ったもんでした。体罰とは別次元の世界です。
根性があれば、如何なる問題も解決できる、無理なことでもとりあえずは死ぬ気で努力しろと鬼監督がいた、だから根性を出しているというポーズを見せることが、日本のスポーツ界にいまだにはびこっている悪習。
指導者が医学的知識も根拠もなく、理不尽かつ暴力的な加虐行為を繰り返す、健康被害を訴える人が続出し、管理責任を問う裁判が起こされるなどの社会問題になっている今日、もう暴力で支配する時代ではないのにね、時代錯誤ですよ。今の子どもは、しごきに対する免疫がないから自殺までへと発展していってしまうのかな、戸塚ヨットスクールでは何人死んだ?いくら良い指導でも死なせたら犯罪、厳しい精神論は時には必要かもしれないが、正しく心身の成長をサポートしてあげるのが空手の師範。勝利至上主義は武道には必要ないです、空手の動きが体罰そのもの動きに近い、とくに防具付空手は実際に当てられ痛みを知る、痛みの中から相手への思いやりが生まれるものと確信しています、見た目とはうらはらで安全性は高いですよ。
スポンサーサイト

年頭所感

2013明けましておめでとうございます、正月の風物詩は箱根駅伝ですね、まず走りましょう!
小学生の時から40年近く元旦は走っていたが、50代になってからは走ってない、反省からのスタート。
今年は光春館の31周年、長江も光春館も飛躍という所までは成長してない、まずは足元をしっかり地に降ろし、確固たる稽古を継続することが課題ですね、シンプルでクラッシックなのが稽古。
まさか、師範に復帰するとは予想もしなかった、光春館崩壊の危機が導いてくれた賜物かな?空手界には嫌気がさしウンザリていたが新しい出会いを楽しみに頑張るしかないですね、生活の基盤も信州伊那に変わり、冬は自然との闘いの日々、毎日雪景色の中での生活は人間を鍛えてくれますよ。ネックは伊那と春日井の移動時間、惜しい。
2013は鍛錬道場のネーミングが似合う春日井武道館にしたいですね、空手だけに止まることなく、他の格闘技や武道、アスリートたちにも支持、目標にされるのが究極の目標、壮大ですね。
光春館もここ2年の歳月で道場らしく変わりましたがまだまだです、長江の20年ぶりの再登板でついてこれない者も多々いたことは残念だが、一度スリムにしないと良質な筋肉は作れない、道場は鍛錬の場所でありたいという思いが強いから仕方ないですね。早朝寒稽古も復活し、伊那の山頂での滝行は究極です、甘えの払拭する理想郷。
一般部は生涯武道の空手を、少年部には武道教育の空手を推し進めていくことが青少年の育成、微力でも社会に貢献することを肝に命じ2013年も精進します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。