FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気合いのコミュニケーション

最近の稽古は大いに充実している、今年度4月からは火曜日と金曜日の完全週2回稽古に変更、少年部と一般部のw稽古はハードだが天命と重く受け止めています。毎回ニューフェイスが続々で道場はフレッシュな空気で一杯、返事がいい!姿勢がいい!目が素直でいい!などと一昨年前の道場とは天と地ぐらいの差を感じます。この苦節2年の努力が少し実りつつあり長江にもパワーを与えてくれます、時間がかかりましたがやっとスタートラインに辿り着いたかな?
数年前まで事務所で気合いを感じることは皆無、学級崩壊的な末期症状からの大きな変貌、昭和の道場に戻れる気配を感じますね。今は気合いが出ている、苦しい鍛錬にも耐える心が芽生え始めた、ストレスのない気持ちが乗った稽古ができるようになったのは光春館復活のプロローグだと感じています、ここまで建て直すのに苦労したがもう大丈夫ですね、鍛錬のフレーズが似合う道場です。
気合いでコミュニケーションができる道場はそうはない、仲良しクラブはいらない、光春館は魂を磨く道場、そんな道場になってきているから30周年も敢行する勇気が出ます。長江の残された時間は社会への還元、稽古がどんどん厳しくしくなっても大丈夫な顔ぶれが残ったのは財産です、素直に喜びたいですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。