FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭りの後に

昨日は第2回愛知県防具付空手道選手権大会、今年一番の思いでの深い一日でした、明けの勤務から一直線で守山スポーツセンターへ、感動のプロローグ。
光春館のために頑張らなければならない立場なのに、いつも他会派のみなさんに喜んでもらいたいという心が常に優先してしまう、防具付選手権大会をどうやって盛り上げ権威あるものに育てていかなければという思いが強いからね。
大会は感動がないと疲れる、一瞬で勝負が決まる緊張感とスピードとパワーを駆使した攻防が防具付の魅力、やっぱ一般有段は見応えがあり観客を魅了しますね。関係者だけの感動では淋しいですよね。
和の音楽、打雅奴の和太鼓も感動で魅了してくれ喜んでもらえたかな、会場全部を巻き込んだお祭りを目指したいですね。
どうしてもプロデュースの立場が優先、指導者失格です、光春館が選手ゼロでもやり続ける根性でいます、パブリックなものに私的な心は邪道、同志がいれば頑張れます、早く出場費無料にしたいですね。
第2部は金山の素材屋で打ち上げ、多くのみんなで大会の余韻を分かち合えた宴、今回のメインは遊愛会中山師範の記念すべき還暦を打ち上げの良き日に祝えたことが最高の喜びであった、長江の正真正銘の盟友、男を強く感じます、感無量の一言、幸せですね。
お祭りは準備が大変、準備が大変なほど感動も大きい、感動を共有できる仲間は宝物、長江は好きですね、お祭りが。
スポンサーサイト

継続はパワーなり

本日から3日間の寒稽古、今朝の気温は5:40市役所で-2°の標示、日の出前の眠りから覚める静寂な時間。
6:40には日の出を拝める最高な時間に身を引き締める寒稽古は武道の真骨頂、一年で最高に鍛錬ができる季節ですね。
光春館は寒稽古や合宿を通しての鍛錬に最大の趣を置いています、強い心は辛い稽古の継続で保たれます、この寒稽古だけは言い訳できません、生涯武道を目指すには欠かせないイベントです、強さは貯蓄でません、方法はただ一つ、厳しさの継続のみ、白帯も先生も、子供も大人も関係ないですね、いつまでも闘魂です。大会や審査とかでしかモチベーションを上げれない人は淋しい、無形のものに価値観があるんだが・・・
ライバルは過去の自分、去年参加しても今年休めば後退です、去年の自分に負けたんです、チャンスはあと2日あります、今年のモーレツ寒波は天からのご褒美です、粗末にしてはアカンですね。鍛錬せなもったいない、辛いのは一瞬です、その後の気持ちよさを共有しましょう。

Wikipediaの空手家一覧

空手家一覧
Wikipediaは今もっとも手頃なオンライン百科事典、何気なく空手家を検索してみたら驚きました、流派、会派の創設者や組織の長、会派のトップスターなどの面々190人が登場。驚かされたのは静岡県本部長の岩田先生が、伝説の人や猛者たちの中に存在していました、改めて岩田先生の偉大さを知り嬉しい限りですね。防具付空手の本家本元は錬武会、空手界での存在感はまだまだ健在でした、他にも会長や猛者たち五人ほど紹介されています、魂の一撃が錬武会の空手、そして長江の目指す空手、愛知県の防具付空手もいつの日か全国区になることを夢みて頑張らなあかんですね、まずは第2回の防具付空手道選手権大会の成功です、みなさんご支援をよろしくお願いいたします。来年は2月17日アリーナでの開催です。
※参考までに錬武会登場人物紹介
岩田成志 (いわた せいし)  須賀信行 (すが のぶゆき)  阿部吉文 (あべ よしふみ)
佐藤光信 (さとう みつのぶ)  外薗大志 (ほかぞの たいし)  近藤飛鳥 (こんどう あすか)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。