FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合格闘技

先日、スポーツセンターで柔術の練習を偶然見てしまいました、若者が多いですね、柔軟性と筋力の高さには驚かされます、技術も実戦そうろうです、同じスペースでカポエイラや合気道も稽古していて奇妙な光景でしたが燃えますね。
総合格闘技、通称「総合」で知られるほどの存在になった、総合の登場が格闘技界を大きく変えたのでは。
20年前なら空手も強い格闘技のイメージがあった、ヤングマンが空手に殺到していたのは昔話、今の若者は総合志向、うちの会社でもヤングマンたちは総合の道場に行っていますよ、悲しいですが空手には興味がないみたいです。なぜ?総合の方が強いからですね。
空手の愛好者は子供と中高年者が主流、簡単に習える手軽なものになってしまったのが寂しいですね、青少年の育成は素晴らしいことだが、武道の実戦性と精神面を置き去りにしていませんか?
空手が競技志向になり強さを失った、総合には勝てない、キックにも勝てないだろうと思いますよ。問題は稽古方法と稽古量だけです、空手家は稽古量が断然少ないし、競技主体の稽古方法では勝てないですね、健康のためにしているのなら十分です、生涯続けるなら健康法も大切なことだが、格闘技の側面を捨ててはいけない、そんな強い思いがこみあげてくるのは変ですか。40年前、一世を風靡したキックの鬼「沢村忠」も空手家として、毎日稽古を欠かさないそうです、いつまでも闘魂ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。